« ODOリーグ第2戦 | トップページ | 6月の初ソフト »

2010年6月 4日 (金)

ハードの簡単スコアシートを作ってみた

ずっとソフトダーツで育って来たワシは、ハードダーツの良さを、「成績の記録がない」ところだと思っています。ソフトだと、ついついカード・スタッツの上下が気になってしまうが、ハードの場合はスタッツが悪くても勝てれば気持ちよくゲームを終えられる。逆に、20未満のショートダーツは強烈に印象に残るから、非常に気分良くダーツを投げられる気がするのだ。

とはいえ、キャプテンとなると、自分も含めたメンバーの客観的なデータを知りたくなる。ところがODOでは、個人スタッツの算出を、シングルス戦の勝ったレグだけで行っている。Mちゃんに訊くと、HDOは負けレグも含めたスタッツを出しているので、たぶんこっちのが普通だろう。

普段家で練習している時は、ハードのスコアリングソフトの大定番「n01」を使っているので、余計に全体のスタッツが知りたくなる。リーグ戦の戦績も「n01」で記録すればいいのだが、なかなかそうはいかない。手書きで簡単に、しかも全体スタッツが大まかでいいので分かる方法はないかと調べてみたが、適当なスコアシートは全く見つからなかったので、エクセルで作ることにした。

それが、こちら。(「odo.xls」をダウンロード

ODOのリーグ戦は、ガロン・ダブルス2つ、シングルス4つの、7ゲーム(ガロンは1レグ勝負、ダブルスとシングルスはベストオブスリー)で行っているので、スコアの切り分けのためには、ガロンとダブルスは1人1スローずつ記録しなければならないので、それに対応した表にしてみた。

Odoimage

こんな風にA4で1枚なので、アウェイ戦でも手軽に使え、なおかつ個人スタッツを算出出来るシステムとしては良く出来ていると自分でも思うので、使いたい人がいればどんどん使ってください。

ちなみに、このスコアシートを作ったのは、ODOで毎年夏に行っている「CUP戦」のため。CUP戦はデビジョンを越えて行なわれるので、自分たちの実力がどの程度なのか、上のデビジョンの人と投げて確かめることが出来るのでぜひ挑戦したいと思っている。
このスコアシートを使って、アベレージやダブル成功率をチェックし、成績上位4人でCUP戦に挑戦してみるつもり。もしかするとワシは入らないかも知れないが、そこは勝てるメンバーを厳選したいので、厳しくチェックすることにしよう。果たしてどうなることやら。

|

« ODOリーグ第2戦 | トップページ | 6月の初ソフト »

スポーツ」カテゴリの記事

ダーツ」カテゴリの記事

ハードダーツ」カテゴリの記事

試合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211221/48564100

この記事へのトラックバック一覧です: ハードの簡単スコアシートを作ってみた:

« ODOリーグ第2戦 | トップページ | 6月の初ソフト »