« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の4件の記事

2016年4月13日 (水)

大阪キタリーグ第10節

大阪キタリーグ最終節(チームENは第8戦)
アウェイBar&Meal gladにて、チームglad戦。
先週の反省をこめ、gladに行く前にHangoverに立ち寄り、「抜けるリリース」も含めてアップ。マスターに対戦を申し込まれたが、対戦しながらでも、抜けるリリースは練習できたのだが・・・
gladについてから、また参加メンバーが確定せず、オーダー組むのに手間取り、改めてのアップ時間が取れず。キャプテン代理は辛いなあ。
トリオス701(MO)=勝ち。ロッキーさんが大活躍。
ガロン901=負け。ワシを含めみんなが、BULL合い始めるのが遅すぎた。
ダブルス501=負け。ワシが全然BULL打てんかった。
ダブルスクリケ=負け。トリプル入り出すのが遅かった。相手の安定度も良かった。
シングルス501(DI/DO)=負け。スタートのダブルはすぐ入ったのに、その後のブルが安定せず逆転負け(涙)
シングルスクリケ=勝ち。ようやく合って楽勝。
トータルでは5-12の惨敗。前半のリベンジを受け、今期最下位も決定(涙)
あまりに不甲斐ないので、終了後に居残り練習。フェニプロ取ったばかりの相手チーム森田さん&フェニプロのオーナー守田さんと鬼メド。スタッツ自体は上出来で、HAT多数・馬も2頭出て、森田プロに連勝したのだが、守田プロにはほぼ何もできず、スト負け2回。
うーん。いくらメド勝ちしても、レグを必ず1つ落とす=リーグでも負ける、ということだなあ。今後は、スト勝ちを増やすように意識して対戦しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

ダーツをボードに届かせない練習!?

(前の日記から続く)
前に書いた『「ポイントを合わせるダーツ」から「気持ち良く腕の振れるダーツ」』への意識転換だが、「"真っ直ぐ"を作りたい」という思いが、再び顔を出し始めていて、フォームを乱している。
そこで、月曜日の前日練習の際、アップで試した「矢を“上へ抜く”練習」を改めてしてみる。
 ①ダーツを持ってセットアップ
 ②自分が理想とする“真っ直ぐ”に腕の振る
 ③ただし矢は、前ではなく、真上へ飛ばす
 ④(出来れば、上へ抜けた矢を、右手ですぐ受け止める)
うまく上へ抜けるようになれば、気持ち良く振れる「腕の軌道」と、「矢が飛んでいく軌道」が、同じライン上に重なっていくはず。この時の「スタンス」「グリップの方向性」「リリースポイント」が、“自分の真っ直ぐ”のための条件となる。
要は、リリースを早くする=リリースポイントを体側へ近づけるための練習。真っ直ぐを意識するあまり、ダーツを持ちすぎる&グリップが固くなる、という悪い癖からの脱却。
それにしても、この練習をしているのを、ハタから見たら、
「腕は前に振っているのに、矢が上方向に抜けてボード手前で落ちる。なのに本人は“よしよし!”とニヤニヤしている」
という、本当に気持ちの悪い絵面だっただろう(汗)
とはいえ、「指から抜けるポイント」を体が覚えはじめると、自分でもビックリするくらいに矢に力が乗る。これこそ、ダーツを「投げる」のではなく「飛ばす」。
万人に勧められる練習法ではないが(いわゆるプッシュ型は合わない?)、イップスで矢が届かなくなった人には、意外に有効なんじゃないかな?
ちなみに、昨夜(木曜日)にも試したら、最初は合わなかったものの、途中からうまくハマり、レーティングが一気に+0.62となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

大阪キタリーグ第9節

大阪キタリーグ第9節(チームENは第7戦)
ホームBar ENにて、チーム忘我梅田戦。
いよいよお仕事が混み合ってきた。この日も、リーグの前後にスペシャルなお仕事が入っていて、前半だけ出させてもらう約束で参加。
ところが珍しく参加希望者が続出。結局は8人の大所帯での一戦となった。
ワシは、店に到着したのが試合の30分前。十分な時間がなく、しっかりアップが出来なかった・・・というか、前日練習で掴んだ、「リリースを安定させるアップ」を忘れていた。
トリオス701(MO)=勝ち。ノーBULLスタートだったが、なんとかなった感じ?
ダブルスクリケ=負け。相方はコーヘイ君。投げ方が分からなくなり、まったく入らず。
ガロン901=勝ち。なんとか1BULLペースには戻す。ただ、最後に上がり目が回って来て、決める気まんまんだったのに外す(涙)しかし、残102点で回したコーヘイ君が、アレンジに困っていたので、「17を6本でええよ」というと気が楽になったようで、S17-T17-D17としっかり上がってくれ、やたらと感謝された(笑)
しかしこの日一番良かったのは、相手のさとっぷプロ。途中で仕事に戻るまででも、次々といいダーツを決められた。
最終的には、5-12の惨敗となった。
あまりにも不甲斐なかったので、深夜に仕事終わりでENに戻って、フォームの見直し。(ここからは長くなるので、別日記で)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

3月の試合成績

3月の試合結果。
ソフトのみ、24戦13勝。
フォームをイチから考え直し、飛ばすことのみに集中したところ、ようやく光明を掴む。試合でも入らないまでも、「なんでそこに飛ぶ!?」ということは極端に減った。
が、ちょっと調子に乗って、最後の方にラインを気にし始めた途端、また投げ方を見失う。これが世に言う「ガラスのジェネレーション」やない「ガラスのフォーム」か。

続きを読む "3月の試合成績"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »